« エイズ予防へ「管理売春」 全人代で議論 | トップページ | 「ブサイクは犯罪起こしやすい」・・・是か非か! »

2006年3月13日 (月)

サッカー試合中に落雷で重障害、最高裁「落雷は予見できた」、二審判決を破棄

『大阪府高槻市で高校のサッカー部の試合中に落雷に遭い

視力を失い、手足が不自由になった北村光寿さん(25)=高

知市仁井田=とその家族が、在籍していた私立土佐高校な

どを相手に総額約3億円の損害賠償を求めた訴訟の上告審

判決が13日、あった。最高裁第二小法廷(中川了滋裁判長)

は「引率していた教諭は落雷事故の危険を予見することが可

能だった」と判断。高校側の責任を否定した二審・高松高裁判

決を破棄し、審理を同高裁に差し戻した。』

http://www.asahi.com/national/update/0313/TKY200603130105.html?ref=rss

先生にそこまで要求するのはどうかと思う反面、当事者と

その親族の立場から見ると、その気持ちも分かります。

正当な判決がでることを祈ります。

   

|

« エイズ予防へ「管理売春」 全人代で議論 | トップページ | 「ブサイクは犯罪起こしやすい」・・・是か非か! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41439/1025486

この記事へのトラックバック一覧です: サッカー試合中に落雷で重障害、最高裁「落雷は予見できた」、二審判決を破棄 :

« エイズ予防へ「管理売春」 全人代で議論 | トップページ | 「ブサイクは犯罪起こしやすい」・・・是か非か! »