« 豪雨の源は「ニンジン雲」 出現予測は困難 気象協会 警戒呼び掛け | トップページ | 仕事の泥沼から抜け出すためにできること »

2006年7月 4日 (火)

「日本は一番戦っていなかった」上川主審らが辛口評価

『2試合で笛を吹いた上川徹主審(43)と広嶋禎数副審(44)。

世界レベルの戦いを直接目にする2人は、日本代表について

「(出場チームで)一番、戦っていなかった」と辛口に評価した。』

http://news.goo.ne.jp/news/yomiuri/sports/20060704/20060704i411-yol.html

日本代表の戦い方については、多くの評論家がコメントを出し

ていますが、一番説得力がある気がします。サッカーを一番近

で客観的にみれる職業ですかね。にしても辛口ですね・・・。

テクノラティプロフィール

|

« 豪雨の源は「ニンジン雲」 出現予測は困難 気象協会 警戒呼び掛け | トップページ | 仕事の泥沼から抜け出すためにできること »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「日本は一番戦っていなかった」上川主審らが辛口評価:

« 豪雨の源は「ニンジン雲」 出現予測は困難 気象協会 警戒呼び掛け | トップページ | 仕事の泥沼から抜け出すためにできること »