« お酒に弱い人の継続飲酒、食道がん発症率が12倍 | トップページ | 不整脈の原因、一端を解明 神経の調節物質が関与 »

2007年4月 2日 (月)

血液をO型に変える酵素、ハーバード大などが開発

『とB、AB型の赤血球をO型の赤血球に変えることのできる酵素を

米ハーバード大などの国際研究チームが開発した。

Click here to find out more!

 米国の専門誌ネイチャー・バイオテクノロジー(電子版)に1日発

表する。O型の血液は、どの血液型の患者にも輸血できるため、

実用化すれば、輸血用血液の血液型の偏りを解消できる可能性

がある。』

http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20070402i101.htm

すばらしい発明ですね。いい歳なわたしですが、O型が万能だな

んてはじめて知りました。

テクノラティプロフィール

|

« お酒に弱い人の継続飲酒、食道がん発症率が12倍 | トップページ | 不整脈の原因、一端を解明 神経の調節物質が関与 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41439/5953730

この記事へのトラックバック一覧です: 血液をO型に変える酵素、ハーバード大などが開発:

« お酒に弱い人の継続飲酒、食道がん発症率が12倍 | トップページ | 不整脈の原因、一端を解明 神経の調節物質が関与 »