« タミフル以外でも異常行動 インフル薬で計16件 | トップページ | 【正論】土本武司 明確さ欠く終末期医療ガイドライン »

2007年5月17日 (木)

受動喫煙、多動性障害の一因か 兵庫の医師らラット実験

『受動喫煙した子ラットは多動になるなど、脳神経の発達に影響す

ることが、幸生リハビリテーション病院(兵庫県加古川市)の鬼頭昭

三医師らの研究でわかった。受動喫煙が発達障害の一つである注

意欠陥・多動性障害(ADHD)のリスクの一因になる可能性を示唆

するもので、16日から名古屋市で始まる日本神経学会で発表され

る。』

http://news.goo.ne.jp/article/asahi/nation/K2007051502240.html

喫煙者を非難することはできませんが、他人への影響も考えた

喫煙が必要ですね。

テクノラティプロフィール

|

« タミフル以外でも異常行動 インフル薬で計16件 | トップページ | 【正論】土本武司 明確さ欠く終末期医療ガイドライン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41439/6456005

この記事へのトラックバック一覧です: 受動喫煙、多動性障害の一因か 兵庫の医師らラット実験:

« タミフル以外でも異常行動 インフル薬で計16件 | トップページ | 【正論】土本武司 明確さ欠く終末期医療ガイドライン »