« 臓器求めアジアへ ドナー「二つあるものはひとつ売る」 | トップページ | がん抑制タンパク質発見 千葉大教授ら、世界初 »

2007年5月31日 (木)

鳥インフル マウス利用の抗体実験で効果 

『新型インフルエンザが大流行した場合、感染者の体内にできる免

疫物質(抗体)が予防や治療に役立つかもしれない。米欧やベトナ

ムなどの国際チームが29日、新型インフルエンザへの変異が懸

念される強毒型の鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)について、

マウスを使った抗体の実験で効果があったとオンライン医学誌「P

LoSメディシン」に発表した。』

http://news.goo.ne.jp/article/asahi/nation/K2007052904390.html

脅威に立ち向かう人間の英知、凄いですね。

テクノラティプロフィール

|

« 臓器求めアジアへ ドナー「二つあるものはひとつ売る」 | トップページ | がん抑制タンパク質発見 千葉大教授ら、世界初 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41439/6617898

この記事へのトラックバック一覧です: 鳥インフル マウス利用の抗体実験で効果 :

» 医学 といえば [医学?]
こんなのもありますね。 [続きを読む]

受信: 2007年6月 5日 (火) 04時59分

« 臓器求めアジアへ ドナー「二つあるものはひとつ売る」 | トップページ | がん抑制タンパク質発見 千葉大教授ら、世界初 »