« 足の動脈硬化「PAD」 全身の血管の危険信号 | トップページ | がん組織でのみ光る薬開発=微小な病変も見逃さず-米がん研、東大など »

2007年5月 3日 (木)

O157超える強毒菌、国内で2例検出

『北米地域で集団感染が相次いでいる死亡率の高い強毒型の腸

炎細菌を、国立感染症研究所が国内の患者2人から検出していた

ことがわかった。

 厚生労働省は、国内の医療機関での流行を防ぐため、各医療

機関に院内感染防止の徹底を指示、今後、国立感染症研究所を

通じて、国内の発生状況の予備調査を行う方針だ。』

http://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/life/science/20070429i301-yol.html

人間の英知で克服できることを期待しますが、人間を間引くための

使者に思えてしかたありません。

テクノラティプロフィール

|

« 足の動脈硬化「PAD」 全身の血管の危険信号 | トップページ | がん組織でのみ光る薬開発=微小な病変も見逃さず-米がん研、東大など »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41439/6293396

この記事へのトラックバック一覧です: O157超える強毒菌、国内で2例検出:

« 足の動脈硬化「PAD」 全身の血管の危険信号 | トップページ | がん組織でのみ光る薬開発=微小な病変も見逃さず-米がん研、東大など »