« 心筋梗塞や脳卒中、メタボじゃなくてもご用心 | トップページ | 鳥インフル マウス利用の抗体実験で効果  »

2007年5月31日 (木)

臓器求めアジアへ ドナー「二つあるものはひとつ売る」

『臓器を買う人、売る人。日本国内でドナー(提供者)が少ないため、

臓器を求めてアジアへ渡る移植患者が増えている。特にフィリピン

では非血縁者の生体移植が7割を占めており、ドナーの多くは「謝

礼」を目的とする貧困層だ。臓器売買は倫理や安全の面だけでなく、

世界的な臓器不足と貧困問題を念頭に取り組むべきだとの声が高

まっている。』

http://www.asahi.com/life/update/0529/TKY200705290418.html?ref=goo

提供する側、される側、共に生きるために臓器を売買する現状。

結論は出るのでしょうか。

テクノラティプロフィール

|

« 心筋梗塞や脳卒中、メタボじゃなくてもご用心 | トップページ | 鳥インフル マウス利用の抗体実験で効果  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41439/6617758

この記事へのトラックバック一覧です: 臓器求めアジアへ ドナー「二つあるものはひとつ売る」:

« 心筋梗塞や脳卒中、メタボじゃなくてもご用心 | トップページ | 鳥インフル マウス利用の抗体実験で効果  »