« DNAで極細電線 極小の集積回路へ応用も | トップページ | 運動時の水がぶ飲みで、低ナトリウム血症の恐れ »

2007年7月 1日 (日)

救急病院、3年で142減 医師確保、都市部も厳しく 

『急病人や事故の負傷者などの搬送先となる救急病院の数は、2

007年4月の時点で、大阪府を除く46都道府県で3838となり、

3年前に比べ142減ったことが共同通信の調べで分かった。』

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2007063001000673.html

このまま減り続けるのはとても問題ですね。打開策はないのでし

ょうか。

<a href="http://technorati.jp/tag/%E6%95%91%E6%80%A5%E7%97%85%E9%99%A2" rel="tag">救急病院 テクノラティプロフィール

|

« DNAで極細電線 極小の集積回路へ応用も | トップページ | 運動時の水がぶ飲みで、低ナトリウム血症の恐れ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41439/6990484

この記事へのトラックバック一覧です: 救急病院、3年で142減 医師確保、都市部も厳しく :

« DNAで極細電線 極小の集積回路へ応用も | トップページ | 運動時の水がぶ飲みで、低ナトリウム血症の恐れ »