« ヒト皮膚から万能細胞…拒絶反応なし、臨床応用に道 | トップページ | ES細胞から人の網膜細胞 再生医療実現へ一歩 »

2007年12月 5日 (水)

万能細胞の安全性向上 がん遺伝子なしで成功

『人の皮膚から、さまざまな細胞に成長できる万能性をもつ「人工多能性幹

細胞(iPS細胞)」を世界で初めてつくった京都大学再生医科学研究所の山

中伸弥教授(幹細胞生物学)らの研究グループが30日、作製法を改良し、

より安全なiPS細胞を得ることに成功したと発表した。1日発行の英国科学

誌「ネーチャーバイオテクノロジー」(電子版)に掲載される。』

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/natnews/science/107071

着実に研究が進んでいるようですね。今後に期待です。

テクノラティプロフィール

|

« ヒト皮膚から万能細胞…拒絶反応なし、臨床応用に道 | トップページ | ES細胞から人の網膜細胞 再生医療実現へ一歩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41439/9256017

この記事へのトラックバック一覧です: 万能細胞の安全性向上 がん遺伝子なしで成功:

« ヒト皮膚から万能細胞…拒絶反応なし、臨床応用に道 | トップページ | ES細胞から人の網膜細胞 再生医療実現へ一歩 »