« 寝過ぎや寝不足で糖尿病増 日大講師らの研究結果 | トップページ | ついに全てのインフルエンザに一生効果のある革命的な予防接種ができる »

2008年3月23日 (日)

術後の癒着予防、肝炎治療用タンパク質が有効 兵庫医大

『開腹手術後に6割以上の確率で起きる腸管癒着の予防に、肝炎治療に用いられるタンパク質「肝細胞増殖因子(HGF)」が有効なことを兵庫医科大の中西憲司教授(免疫学)らが解明し、17日(現地時間16日)付の米医学誌「ネイチャー・メディシン」電子版に発表した。術後の癒着は腸閉(へい)塞(そく)などを引き起こす恐れもあり、HGFはその予防薬としても期待される。』

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/living/health/130428

術後の回復に欠かせないものになりそうですね。

テクノラティプロフィール

|

« 寝過ぎや寝不足で糖尿病増 日大講師らの研究結果 | トップページ | ついに全てのインフルエンザに一生効果のある革命的な予防接種ができる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41439/11685528

この記事へのトラックバック一覧です: 術後の癒着予防、肝炎治療用タンパク質が有効 兵庫医大:

« 寝過ぎや寝不足で糖尿病増 日大講師らの研究結果 | トップページ | ついに全てのインフルエンザに一生効果のある革命的な予防接種ができる »