« 新型インフルエンザ ワクチン接種に優先順位 | トップページ | 世界初、遺伝子組換えカイコによる高機能繊維の開発 »

2008年9月26日 (金)

理研、遺伝子解析で日本人を「本土」「琉球」に分類

『日本人は、遺伝子のわずかな個人差によって九州以北に多い「本土型」と、沖縄に多い「琉球型」の2タイプに分類できることを、理化学研究所の研究チームが解明した。約7000人の日本人の遺伝子を解析して分かった。耳あかの湿り具合などから日本人には2通りの起源があるとした従来の学説を支持する結果で、米科学誌の電子版に26日、研究論文を発表した。』

http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20080925AT1G2504C25092008.html

遺伝子レベルでの起源の解明であれば疑う余地はなさそうですね。

   テクノラティプロフィール

|

« 新型インフルエンザ ワクチン接種に優先順位 | トップページ | 世界初、遺伝子組換えカイコによる高機能繊維の開発 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41439/24046179

この記事へのトラックバック一覧です: 理研、遺伝子解析で日本人を「本土」「琉球」に分類:

« 新型インフルエンザ ワクチン接種に優先順位 | トップページ | 世界初、遺伝子組換えカイコによる高機能繊維の開発 »