« 脊髄性筋萎縮症患者から新万能細胞の作成に成功 | トップページ | 風邪ウイルスのゲノム解読=新薬・ワクチン開発に期待-米大学など »

2009年1月 9日 (金)

チタン人工骨で腰痛解消 京大、臨床試験に成功

『京都大の藤林俊介助教らの研究チームは、慢性的な腰痛を取り除くため、丈夫で加工しやすいチタン製の人工骨を腰椎(ようつい)の間に埋め込む臨床試験で、1例目の手術に成功した。』

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090108-00000024-fsi-bus_all

素晴らしい成果ですね。

   テクノラティプロフィール

|

« 脊髄性筋萎縮症患者から新万能細胞の作成に成功 | トップページ | 風邪ウイルスのゲノム解読=新薬・ワクチン開発に期待-米大学など »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41439/26969207

この記事へのトラックバック一覧です: チタン人工骨で腰痛解消 京大、臨床試験に成功:

« 脊髄性筋萎縮症患者から新万能細胞の作成に成功 | トップページ | 風邪ウイルスのゲノム解読=新薬・ワクチン開発に期待-米大学など »