« 阪大、iPS細胞で心筋梗塞改善 | トップページ | iPS細胞:ウイルス使わずヒト体細胞から作成 »

2009年2月21日 (土)

臓器提供:「小児から」を検討 学会が専門委、年内に結論へ

『日本小児科学会(会長、横田俊平横浜市立大教授)は15日、国内で脳死になった子供からの臓器提供・移植を容認するかどうか検討するプロジェクトを発足させると発表した。近く専門の委員会を設置し、今年中には学会としての結論を出したいとしている。』

http://mainichi.jp/select/science/news/20090216ddm002040073000c.html

難しい問題もあるようですが、容認の方向に進むといいですね。

   テクノラティプロフィール

|

« 阪大、iPS細胞で心筋梗塞改善 | トップページ | iPS細胞:ウイルス使わずヒト体細胞から作成 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41439/28276680

この記事へのトラックバック一覧です: 臓器提供:「小児から」を検討 学会が専門委、年内に結論へ:

« 阪大、iPS細胞で心筋梗塞改善 | トップページ | iPS細胞:ウイルス使わずヒト体細胞から作成 »