« 奇形引き起こす仕組み解明 東工大と東北大 | トップページ | 呼吸は“吸う”より“吐く”のが大事 »

2010年4月 8日 (木)

「高純度な肝臓組織」開発 医薬基盤研

『さまざまな細胞になりうるヒトの人工多能性幹細胞(iPS細胞)から高純度な肝臓組織を作り出す方法を独立行政法人・医薬基盤研究所(大阪府茨木市)と大 阪大のグループが開発した。iPS細胞を肝臓細胞に変化させることはできるが、高純度な組織を作るのは難しかった。肝臓は薬物を分解する役割を果たす。』
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100405-00000035-mai-soci
また一歩前進ですね。

|

« 奇形引き起こす仕組み解明 東工大と東北大 | トップページ | 呼吸は“吸う”より“吐く”のが大事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41439/34140517

この記事へのトラックバック一覧です: 「高純度な肝臓組織」開発 医薬基盤研:

« 奇形引き起こす仕組み解明 東工大と東北大 | トップページ | 呼吸は“吸う”より“吐く”のが大事 »