« 「朝食を抜くと太るはウソ」研究で明らかに | トップページ | 家に帰った途端クシャミが出るのはなぜ? »

2011年3月19日 (土)

環境にやさしいはずのLED電球が複数の発がん性物質を含む-カリフォルニア大学

『白熱球に比べて消費電力が少なく、経済的、エコで次世代だとうたい、市場に一気に普及したLED電球。このLED電球に環境に悪い物質を含んでいるという研究報告がされた。その有害物質とは鉛、ヒ素、その他潜在的に危険な物質だ。』
http://www.su-gomori.com/2011/02/eco-led.html
本当ならエコとは言えないですね。

|

« 「朝食を抜くと太るはウソ」研究で明らかに | トップページ | 家に帰った途端クシャミが出るのはなぜ? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41439/39286501

この記事へのトラックバック一覧です: 環境にやさしいはずのLED電球が複数の発がん性物質を含む-カリフォルニア大学:

« 「朝食を抜くと太るはウソ」研究で明らかに | トップページ | 家に帰った途端クシャミが出るのはなぜ? »