« 大切な人と死に別れたら「悲哀のプロセス」 | トップページ | やっぱり? 携帯電話は発がんリスクを高める疑い、WHO(世界保健機関)が認定 »

2011年6月12日 (日)

未来のお肉は味も栄養も操作可能!? 家畜に頼らない次世代の食肉開発中

『今、欧米のいくつかの大学の実験室では、私たちの未来の食生活を変えうる驚くべきものの開発が行われているという。それは「試験管ミート」、つまりは「人工のお肉」である。

見た目、味、質感などあらゆる面で本物の肉に似せた人工肉には、さらにサプリメントのような効果を付け加えることもできるそうで、すでに市場に売り出すためのビジネスプランを練っている研究者もいるという。』
http://topics.jp.msn.com/wadai/rocketnews24/column.aspx?articleid=591984
問題点もありそうですね。

|

« 大切な人と死に別れたら「悲哀のプロセス」 | トップページ | やっぱり? 携帯電話は発がんリスクを高める疑い、WHO(世界保健機関)が認定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41439/40367642

この記事へのトラックバック一覧です: 未来のお肉は味も栄養も操作可能!? 家畜に頼らない次世代の食肉開発中:

« 大切な人と死に別れたら「悲哀のプロセス」 | トップページ | やっぱり? 携帯電話は発がんリスクを高める疑い、WHO(世界保健機関)が認定 »