« 血液検査の感度100倍 ノーベル賞・田中耕一さんらが新技術開発 | トップページ | ゴボウの種で膵臓がん縮小 富山大が臨床試験 »

2011年12月 4日 (日)

赤外線でのがん治療法開発 マウス8割完治、副作用なし

『体に無害な赤外線を使った新しいがんの治療法を米国立保健研究所(NIH)の小林久隆チーフサイエンティストらが開発した。マウスの実験では8割で完治、副作用もなかった。6日付の米医学誌ネイチャー・メディシン(電子版)に発表した。』
http://www.asahi.com/science/update/1106/TKY201111060396.html
癌に勝てる研究、どんどん進んで欲しいですね。

|

« 血液検査の感度100倍 ノーベル賞・田中耕一さんらが新技術開発 | トップページ | ゴボウの種で膵臓がん縮小 富山大が臨床試験 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 赤外線でのがん治療法開発 マウス8割完治、副作用なし:

« 血液検査の感度100倍 ノーベル賞・田中耕一さんらが新技術開発 | トップページ | ゴボウの種で膵臓がん縮小 富山大が臨床試験 »