« 2012年3月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年7月29日 (日)

放射性物質 微生物で回収 劣化ウラン弾処理 視野 広島国際学院大と関西の企業との研究グループ

『広島国際学院大(広島市安芸区)と関西の企業との研究グループが、土壌や河川を汚染しているウランなどの放射性物質を微生物を使って回収する技術を開発したことが23日、分かった。劣化ウラン弾による放射能汚染への活用も視野に入れ、2009年の実用化を目指している。 』
http://www.hiroshimapeacemedia.jp/mediacenter/article.php?story=2008051217501978_ja
すばらしい研究ですね。反面、人間の過ちを微生物に助けてもらう世の中・・・反省ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジメジメ台ふきんは危険だ! 雑菌うようよ、汚さ「排水口レベル」

『梅雨といえば、気になるのが食中毒だ。できる限り食卓・キッチンを清潔に保とうと、今からこまめな掃除を心がける家庭も多いだろう。しかし掃除に使う「台ふきん」の清潔さには、どこまで気を配っているだろうか。』
http://news.infoseek.co.jp/article/20120523jcast20122132555
汚いとは思っていましたが、排水口とは・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

心筋梗塞に効くホルモン=マウスで発見、治療法に道―名大

『心筋梗塞のマウスに作用し、心臓で壊死(えし)する細胞の割合を抑える効果がある善玉ホルモンを発見したと、名古屋大大学院の大内乗有教授らの研究チームが7日、発表した。ヒトの急性心筋梗塞の治療法開発につながる可能性があるという。』
http://jp.wsj.com/Japan/node_438688
すばらしい研究成果ですね。道のりは長いと思いますが実現してほしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

睾丸握られたぐらいで人は死ぬのか? 専門医に聞いてみました

『中国の島で男性が女性に睾丸をきつく長く握り締められて即死する事件が発生し世界を震撼さていますが、本当に睾丸握られたぐらいで死ぬものか? どうしても気になったので、サンディエゴ病院性機能学医長のアーウィン・ゴールドスタイン(Irwin Goldstein)泌尿器科医に取材してみました。』
http://www.gizmodo.jp/2012/05/post_10308.html
怖い・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

処方せん電子化に課題も、実現は可能

『厚生労働省の「医療情報ネットワーク基盤検討会」(座長=大山永昭・東工大教授)は27日、処方せんの電子化について、実現に向けた課題やロードマップなどをまとめた報告書案を大筋で了承した。基盤整備やコスト負担を課題として挙げる一方、「いずれも将来にわたり実現不可能な課題ではない」と結論付けている。同検討会では、これらの課題への対応について引き続き議論する方針だ。』
http://www.cabrain.net/news/regist.do
医療のIT化はこれからもますます進みそうですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「緊急事態」で行動制限 新型インフル特措法成立

『国民の生命や社会に深刻な危害をもたらす新型インフルエンザが発生した場合の国や自治体の対応を定めた新型インフルエンザ対策特別措置法が27日、参院本会議で可決、成立した。』
http://www.47news.jp/CN/201204/CN2012042701001532.html
発令されないことを祈るのみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

入浴死:実態調査へ…交通事故を超える死者数 厚労省

『高齢者に多いとされる入浴中の死亡事故について、厚生労働省は初の全国的な実態調査を実施することを決めた。厚労省がん対策・健康増進課は「関係学会の要望などを踏まえ、年度内にも着手したい」としている。入浴中に死亡する人は、東京都など一部地域の調査や死亡統計からの推計で年間約1万4000人と、交通事故の死者数(昨年4612人)を大幅に上回ると見られるが、実態は分かっていない。』
http://ceron.jp/url/headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120428-00000012-mai-soci
人ごとではないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポリオの新不活化ワクチン 4種混合の2種類承認へ

『厚生労働省の医薬品第2部会は20日、国内2社が開発したポリオ(小児まひ)の不活化ワクチンを含むジフテリア、百日ぜき、破傷風の4種混合ワクチンの製造販売を承認してよいとする意見をまとめた。ポリオ単独の不活化ワクチンが4月に承認されたが、4種混合は今回の2種類が初めて。』
http://sankei.jp.msn.com/life/news/120720/bdy12072020060004-n1.htm
もっと早く承認されるべきだったのではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

消費税問題、保険診療に課税派の医師4割超-メドピア調査

『社会保険診療報酬が消費税非課税のため、医薬品などの仕入れに掛かる消費税がそのまま医療機関の負担になっている問題で、保険診療への課税を認めるのが妥当だと考える医師が4割超で最も多いことが、メドピア(東京都港区)の調査で分かった。保険診療と医療機関の仕入れなどを共に非課税にするのが良いとの回答がこれに次ぎ、こちらも4割を上回った。』
http://medicalfit.jp/blog/?p=193
質を保つために医療機関はもっと優遇されるべきではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

院内事故調と第三者機関の制度設計で議論

『厚生労働省の「医療事故に係る調査の仕組み等のあり方に関する検討部会」(座長=山本和彦・一橋大大学院教授)は26日に会合を開き、医療事故を調査するために設置する病院外の第三者機関の組織形態や調査権限などについて議論した。第三者機関を、中立・公正な立場で原因究明し、再発防止につなげる仕組みを持った組織にする方向は確認したが、院内の調査委員会とどのように連携していくかで意見が割れた。』
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120726-00000009-cbn-soci
生死に関わることもある医療機関でのミスは1件でも少なくなってほしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

診療報酬での「損税」補てん分は不明確

『消費増税に伴う医療機関や保険薬局の仕入れの増額分を、国が社会保険診療報酬で対応したとしていることに関して、日本病院会の堺常雄会長は27日の記者会見で、「数回のマイナス改定の後、ようやくプラス改定になった。たぶん色付けは難しいと思う」と述べた。消費増税の際、診療報酬の非課税措置によって生じる医療機関の「損税」の補てん分が、現状では不明確との認識を示したものだ。』
http://www.cabrain.net/news/regist.do
医療機関はもっと様々な面で優遇されるべきではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お酒を飲むと毛穴が開く!?

『毛穴が開く。毛穴が目立つ。その原因となる三大悪って知っていますか?

それは、お酒とタバコと睡眠不足。

お花見や歓迎会シーズンで、飲む機会がググっと多くなり同時に睡眠時間が短くなりがち…。そんな忙しい時期だからこそ、しっかりとケアするための知識を管理栄養士のみやかわゆうこ先生に詳しく教えてもらいましょう。』
http://news.mynavi.jp/c_career/level1/yoko/2012/04/post_1631.html
毛穴が気になる方は要注意ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

“夢の治療法”サイバーナイフの第一人者

『サイバーナイフとは、最新型の定位放射線治療(目標とする病巣のみに放射線を集中照射する治療法)装置の一つ。1990年代前半にアメリカで開発され、97年に日本に初上陸。現在日本各地で導入が進んでいる。』
http://nomolog.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/post-0f99.html
35歳の若さで凄いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年9月 »