« ジメジメ台ふきんは危険だ! 雑菌うようよ、汚さ「排水口レベル」 | トップページ | 恋人の「今」を愛することで、いつまでもラブラブに! »

2012年7月29日 (日)

放射性物質 微生物で回収 劣化ウラン弾処理 視野 広島国際学院大と関西の企業との研究グループ

『広島国際学院大(広島市安芸区)と関西の企業との研究グループが、土壌や河川を汚染しているウランなどの放射性物質を微生物を使って回収する技術を開発したことが23日、分かった。劣化ウラン弾による放射能汚染への活用も視野に入れ、2009年の実用化を目指している。 』
http://www.hiroshimapeacemedia.jp/mediacenter/article.php?story=2008051217501978_ja
すばらしい研究ですね。反面、人間の過ちを微生物に助けてもらう世の中・・・反省ですね。

|

« ジメジメ台ふきんは危険だ! 雑菌うようよ、汚さ「排水口レベル」 | トップページ | 恋人の「今」を愛することで、いつまでもラブラブに! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41439/46504260

この記事へのトラックバック一覧です: 放射性物質 微生物で回収 劣化ウラン弾処理 視野 広島国際学院大と関西の企業との研究グループ:

« ジメジメ台ふきんは危険だ! 雑菌うようよ、汚さ「排水口レベル」 | トップページ | 恋人の「今」を愛することで、いつまでもラブラブに! »