« 「緊急事態」で行動制限 新型インフル特措法成立 | トップページ | 睾丸握られたぐらいで人は死ぬのか? 専門医に聞いてみました »

2012年7月29日 (日)

処方せん電子化に課題も、実現は可能

『厚生労働省の「医療情報ネットワーク基盤検討会」(座長=大山永昭・東工大教授)は27日、処方せんの電子化について、実現に向けた課題やロードマップなどをまとめた報告書案を大筋で了承した。基盤整備やコスト負担を課題として挙げる一方、「いずれも将来にわたり実現不可能な課題ではない」と結論付けている。同検討会では、これらの課題への対応について引き続き議論する方針だ。』
http://www.cabrain.net/news/regist.do
医療のIT化はこれからもますます進みそうですね。

|

« 「緊急事態」で行動制限 新型インフル特措法成立 | トップページ | 睾丸握られたぐらいで人は死ぬのか? 専門医に聞いてみました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41439/46503678

この記事へのトラックバック一覧です: 処方せん電子化に課題も、実現は可能:

« 「緊急事態」で行動制限 新型インフル特措法成立 | トップページ | 睾丸握られたぐらいで人は死ぬのか? 専門医に聞いてみました »