« 診療報酬での「損税」補てん分は不明確 | トップページ | 消費税問題、保険診療に課税派の医師4割超-メドピア調査 »

2012年7月29日 (日)

院内事故調と第三者機関の制度設計で議論

『厚生労働省の「医療事故に係る調査の仕組み等のあり方に関する検討部会」(座長=山本和彦・一橋大大学院教授)は26日に会合を開き、医療事故を調査するために設置する病院外の第三者機関の組織形態や調査権限などについて議論した。第三者機関を、中立・公正な立場で原因究明し、再発防止につなげる仕組みを持った組織にする方向は確認したが、院内の調査委員会とどのように連携していくかで意見が割れた。』
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120726-00000009-cbn-soci
生死に関わることもある医療機関でのミスは1件でも少なくなってほしいです。

|

« 診療報酬での「損税」補てん分は不明確 | トップページ | 消費税問題、保険診療に課税派の医師4割超-メドピア調査 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41439/46503369

この記事へのトラックバック一覧です: 院内事故調と第三者機関の制度設計で議論:

« 診療報酬での「損税」補てん分は不明確 | トップページ | 消費税問題、保険診療に課税派の医師4割超-メドピア調査 »